フリーランスエンジニアのはなし

フリーランスエンジニアのノウハウサイト

12年間普通の会社員して、2018年からフリーランス

フリーランスエンジニアのMicrosoft-Office選び

Microsoftのofficeソフト選び

会社員時代は、自宅PCに最低限のオフィス(何年も前にインストールしたオフィス)をギリギリな感じで使用していたが、フリーになったら「office持ってないので家で~できません」なんていうことは言えないので、最低限必要になるであろうものは揃えていこうと思っている。

フリーになるとACCESSを活用して簡単なシステム画面を作ることもでてきたりする。実際個人でやっている知り合いは、とある病院の専任SEで病院のシステム画面はACCESSで作っているらしい。
更に<>の記事で書いた2018年1月3日現在、話が進んでいる案件も社内システム案件のためVBAやACCESSを使用した開発案件である。フリーになったら「何かの専門家になれ!」という話もよくあるが、やはりどんな要求(仕事)も受けられるチカラも結局は大事になってくるので、今までやってこなかったことでも条件が良ければ「やります!」ということは大事だと思っている。

閑話休題・・・

windows-PCを買うのかMAC-PCを買うのかでも、選ぶオフィスが変わってくる。例えば外ではmac、家ではwindowsという人にはオフィスsoloというのがオススメであるようだ。
ただ、soloは年間契約しかないのがデメリットだが、買い切りになるオフィス2016を買った場合のデメリットは、オフィス2020とかが出た場合にまた買い直す必要がある。そのため年間契約で毎年お金を払ってもあまり損ではないかも、ということになる。ちなみにone driveのクラウドストレージが1TBついてくる。

以上です。